読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROOM 504 - cinema

映画(主に洋画)/海外ドラマのあらすじ・ネタバレ・感想ブログ。

【ガールライクハー/A Girl Like Her】感想。ネタバレ

ドキュメンタリー イジメ

更新情報などtwitterで呟いています。

 

全世界共通 醜い女の高校生間のイジメを

ドキュメンタリーとして映画化。

 

ネタバレ注意

 

【ガールライクハー/A Girl Like Her】2015年の映画

 

f:id:styluxe:20160906173203j:image

 

絶望の日々を過ごす女子高生。

だが、校内で執拗に繰り返される陰湿な嫌がらせの一部始終を密かに撮影したことで、状況は変わり始める。

 

 

 

 

 

薬を飲んで自殺未遂をしたジェス

 f:id:styluxe:20160906180648j:image

 

撮影を進めたブライアン

f:id:styluxe:20160906181258j:image

 

 人気者のエイブリーとその取り巻き

f:id:styluxe:20160906173902j:image

 

学校側はイジメに関して把握しないと認めない。調査したがらない。

 

生徒にインタビューをすると

 

f:id:styluxe:20160906180717j:image

 

カウンセラーや先生に相談をしても弱虫だと馬鹿にされる。

私たちはシマウマでカーストで一番上にいる人気者達はライオン。

ライオンに食われる気分。攻撃されるのを見てもただ見ているだけ。

 

エイブリーは周りが欲しがるものを全部持ってるのに

なぜイジメをするんだろう?

 

f:id:styluxe:20160906174549p:image

 

エイブリーの家に行き撮影をする。

エイブリーの母親は毒親だろう。息子も旦那も冷めた様子。

エイブリーも 何でも話す、空気を読まない、エゴイストな母親にストレスを感じてる様子。

Sponsored Links

 

それはみんな。何せ食卓に愛がない。

  

ブライアンは何か出来たはずなのに

何もできなかったと後悔。 

 

ブライアンは冒頭でジェスにトンボのブローチに見立てた隠しカメラを付けて、と。

学校でも全て録画出来るから言うんだけれど。
エイブリーの行為を明らかにする為に。

 

 f:id:styluxe:20160906180733j:image

 

その一部始終を撮影した隠しカメラを取材陣に渡す。

 

ブライアン曰くジェスとエイブリーは昔から仲良かった。

だが去年テスト中にエイブリーがジェスの答案用紙をカンニングしようとした。

無意識に腕で隠したら怒ったエイブリー。

 

それがキッカケだと撮影の時に話す。

 

ジェスは学校でもしつこくいじめられ

学校以外にメールやSNSで悪口を叩かれる。

友達なら死んでよ とかそんなメールが毎日。

これが半年間続きます。そして、自殺未遂。

 

エイブリーは両親の喧嘩、負け犬である兄にストレス。

家庭での居場所はない。

  

取り巻きが

ジェスが自殺未遂をしたのはあなたのせいじゃないかと皆噂をしてるとエイブリーに言うが

エイブリーは逆ギレ。じゃああんたたち助けようとした?って。

 

 

先生がエイブリーとエイブリー両親を呼んで

イジメについて問いますがエイブリーは否定してからからかったかもしれないけど冗談と受け止められないのが悪いと言い張る。

母親は先生があなたをイジメて(略 と蛙の子は蛙。

 

この時にイジメをしたと認めれば良かったのに

エイブリーはどんどんおかしくなっていく。

自分を正当化した動画をアップしたり。

 

その間、昏睡状態だったジェスは危ない状態に。

心臓マッサージを何度かして戻ったが内臓機能が低下して、どうなるか分からない。。

 

エイブリーは取材陣からジェスの嫌がらせ映像を見せられ

自分の顔を覆い、涙する。

お願い止めてといい号泣するエイブリー。

 

エイブリーはこれは許されないことだと

私はどうすればいい?間違ったことをしたと泣き崩れる。

 

 

話す相手がいない、本当の私を見てくれない。

本当の友達がいない。

 

唯一の友達がジェシカだった。

エイブリー自身を傷付けずに支えてくれた友達がジェシカだったのに。

私がすべてを壊した。それなのに今、彼女は死ぬかもしれない、もう謝ることもできないかも知れない。

 

 エイブリーは私がいじめたという動画をアップして

私はからかっていたんじゃなくて人を破滅させていたと。

 

最後はジェスが目を覚ますシーンで終わる。

 

 

感想

Netflixの新着で出ていて気になったので観てみましたが、加害者と被害者の心境がよく映されていると思った。1時間30分で綺麗にまとめられたのがすごい。

加害者も場所が変われば居場所がない。孤独とストレスを抱えている。

 

だが憂さ晴らしを人にしてはいけない。

人を傷付けてはいけない。

自分自身の問題を他人にぶつけるのはおかしい。

ジェスはエイブリーに対して何も悪いことはしていない。エイブリーは結局嫌いな母親と同じ事をしているわけだよね。

 

ブライアンも提案は良いけれど、ジェスの親御さんに言うべきだったんではないかな。

 

この映画を観て、酷いなと思ったが日本のイジメの方がよっぽど陰湿だろう。

そして高校を舞台にしているけれど社会に出てもイジメはあるわけで。。

いじめられている子は決して自分を追い詰めて責めてはいけない。

関連記事

minimalism.hatenablog.com

minimalism.hatenablog.com

minimalism.hatenablog.com

minimalism.hatenablog.com

Sponsored Links